2020年1月13日月曜日

子どもの読書と教育を考える会(2月例会)

子読教1月例会は、マサイの物語を取り上げたので
2月は、エスキモーの物語を。

『北のはてのイービク』
    ビーパルク・フロイゲン作
    野村 泫(のむら ひろし)訳
 岩波少年文庫2008年初版 を取り上げます

 

あらすじは

「極北のグリーンランドにクラス少年イービクの物語。ある日、狩りの名人の父親がセイウチっと戦って命を落としてしまう。老いた祖父母と母親と幼い弟妹を飢えから救うために、危険な旅に出たイービクは、白クマと命がけで戦う。」


○2020年  2月8日(土) 13:00~15:30
○堺市・新金岡市民センター2階

2019年11月28日木曜日

子どもの読書と教育を考える会 例会案内(12月~3月)

 10月例会が台風のため中止になったことに伴い、例会内容が変更されています。ご確認下さい。時間はすべて13:00~15:30です。

画像を2度クリックすると大きくなります



12月例会 『クマと少年』 あべ弘士著

○2019年  12月14日(土)13:00~15:30
○堺市・新金岡市民センター2階
 『クマと少年』 あべ弘士著 (ブロンズ新社)

 かつて「蝦夷地」と呼ばれた土地で暮らしていたアイヌ民族。江戸幕府が進めた「開拓」は明治になり加速し、彼らの独自の文化は否定され、政府に支配されることになりました。
 しかし、そうした歴史は学校で教えられることもなく、私たちも詳しくは知らないままに過ごしてきています。まずはアイヌ独自の文化に触れることから始めてみませんか。



1月例会 『ぼくはマサイ ライオンの大地で育つ』

○2020年  1月11日(土)13:00~15:30
○堺市・新金岡市民センター2階
 『ぼくはマサイ ライオンの大地で育つ』 
ジョセフ・レマンライ・レクトン著 さくまゆみこ訳 (さ・え・ら書房)

 ケニアの小さな村で生まれ育った一人の少年が大人になっていく過程を自ら語っています。
 マサイの一員として遊牧民の中で育った少年が学校に通うことになります。家族の伝統的な暮らしと、学校で教わる西洋風のやり方の間で引き裂かれそうになりつつ、二つの文化の間でバランスをとろうと努力する姿から、「文化」について考えてみましょう。


2月例会 先住民が描かれた児童書

○2020年  2月8日(土) 13:00~15:30
○堺市・新金岡市民センター2階
 世界にはインディアン・アボリジニなど先住民といわれる方たちがおられます。独自の文化の中で暮らしてこられたのが欧州からの侵略により、隔離・同化政策などで文化継承が断ち切られることになりました。12月・1月例会もふまえ、そうしたことが描かれた児童書を読み合いたいと考えています。

画像を2度クリックすると大きくなります


3月例会 『鹿の王 水底の橋』上橋菜穂子著

2020年  3月14日(土) 13:00~15:30
○堺市・新金岡市民センター2階
 『鹿の王 水底の橋』上橋菜穂子著 (角川書店)

 本屋大賞を受賞した『鹿の王』の続編として出版された本です。「医療」という視点で読んでいきたいと考えています。「守人シリーズ」や『獣の奏者』なども同じ視点で触れてみたいです。ファンタジーが苦手な方もおられるようですが、この機会に上橋作品を読んでみてはいかがでしょうか。

新刊書研究会は 2020年5月23日(土)堺市立南図書館で行います。

2019年10月2日水曜日

子どもの読書と教育を考える会 10・11・12月例会案内

台風接近にともない、12日の例会は中止し、月例会の内容を順に1か月先送りします。

画像を2度クリックすると大きくなります


台風接近にともない、12日の例会は中止し、月例会の内容を順に1か月先送りします。
 11月例会

さくまゆみこさんの作品を読む

2019年 11月9日(土)
堺市・新金岡市民センター2階

夏季研究会でのさくまゆみこさんの講演で紹介された作品を中心に運営委員がレポートします。さくまさんが伝えたかった想いを少しでも受け止められたらいいのですが・・・
レポート予定作品
 『風をつかまえたウイリアム』(さ・え・ら書房)
   関連書として『風をつかまえた少年』(文春文庫)
 『エンザロ村のかまど』(福音館書店)
 『おいしそうなバレエ』(徳間書店)
 『ホーキング博士のスペースアドベンチャー』シリーズ(岩崎書店)
 『ひとりひとりのやさしさ』(BL出版)  など

12月例会

『鹿の王 水底の橋』を読む

2019年 12月14日(土)
堺市・新金岡市民センター2階

 『鹿の王 水底の橋』上橋菜穂子著 (角川書店)

  本屋大賞を受賞した『鹿の王』の続編として出版された本です。「医療」という視点で読んでいきたいと考えています。「守人シリーズ」や『獣の奏者』なども同じ視点で触れてみたいです。ファンタジーが苦手な方もおられるようですが、この機会に上橋作品を読んでみてはいかがでしょうか。

1月例会 

『クマと少年』を読む

2020年  月  日(土)
堺市・新金岡市民センター2階

 『クマと少年』あべ弘士著 (ブロンズ新社)

  かつて「蝦夷地」と呼ばれた土地で暮らしていたアイヌ民族。
  江戸幕府が進めた「開拓」は明治になり加速し、彼らの独自の 文化は否定され、政府に支配されることになりました。
  しかし、そうした歴史は学校で教えられることもなく、私たちも 詳しくは知らないままに過ごしてきています。
  まずはアイヌ独自の文化に触れることから始めてみませんか。

堺市・新金岡市民センター
会場へのアクセス


地下鉄新金岡駅下車出口④を出て歩道橋を渡って直進徒歩3~5分。専用駐車場はありませんので、近くの有料駐車場をご利用下さい。

2019年5月11日土曜日

子どもの読書と教育を考える会 第33回夏季研究会

子どもの読書と教育を考える会
第33回夏季研究会


画像をクリックすると大きくなります。さらにクリックすると等倍に。

画像をクリックすると大きくなります。さらにクリックすると等倍に。


申し込み締め切りました。電話予約の方で、振込みがまだの方は至急お願いします。(7月10日掲載)

2019年8月3日(土)13時~4日(日)16時半

主催 子どもの読書と教育を考える会(略称:子読教)
会場 石長松菊園 

 子どもたちに、読書の楽しさを知ってもらいたいと願っているみなさん。本会は1987年創立。保育士や教員、図書館員や文庫関係者、ボランティア、作家や研究者、学生などが集い、楽しく研究と交流を深めています。子どもの本のことを知りたいと思っている先生や保育士、自分の子どもにどんな本を読んであげたらいいのかな?と迷っているお母さん。本のことを知らないという人も大歓迎です。この夏、「子どもの読書と教育を考える会」夏季研究会に集い、ともに楽しく学びませんか。

一日目 8月3日(土)

● 受付   (12:30~ )
◆ 開会の辞 (13:00~ )  代表 正置 友子
★ 講演   (13:15~16:00)
 「子どもたちと絵本を読むということ
  ―メルロ=ポンティとともに考える―」
 

  講師 正置 友子

 1973年に千里ニュータウンに青山台文庫創設。1994年イギリスに留学。2000年イギリスのローハンプトン大学よりヴィクトリア時代の絵本研究論文により博士号(PhD)授与。2009年絵本学研究所設立主宰。2017年、日本で初めてのウォルター・クレイン展に関わる。近著:『保育のなかの絵本』(かもがわ出版 2015年)、『イギリス絵本留学滞在記―現代絵本の源流ウォルター・クレインに魅せられて―』(風間書房 2017年)『メルロ=ポンティと〈子どもと絵本〉の現象学―子どもたちと絵本を読むということ―』(風間書房 2018年)。訳書:ジェーン・ドゥーナン『絵本の絵を読む』(玉川大学出版部 2013年)。

 50数年子どもたちと絵本を読んできました。とりわけ、乳幼児期の子どもたちとの絵本読みは、感動と喜びでした。このことは「なぜ生きているのか」「なぜ子どもたちと本を読むのか」という問いに繋がり、やがてメルロ=ポンティの哲学書『知覚の現象学』へと導かれることになりました。今回は、「子どもたちと絵本を読むということ」はどういうことであるかを考え、明日の活動への希望につながればと願っています。

◆ 子読教総会 (16:10~16:30)

◆ お話の夕べ (18:30~)
 ストーリーテリングなどの実演コーナーです。多くの方の飛び入り実演参加をお待ちしています。おとなも子どももいっしょに楽しみましょう。  

◆ 夜の交流会 (19:45~)
 初めての人もいっぺんに仲良くなれるお楽しみタイム。子どもの本や読書活動、子育てや学校教育のこと等々、いっぱい語り合いましょう。

二日目 8月4日(日)

★ 分科会 (10:00~12:30) 

①「いっしょに考えてみましょう!絵本や読み語りで子どもたちに昔話を伝えるときに気をつけたいこと」
  講師  鹿谷 容子氏(小澤昔ばなし大学再話者協会)


 夫々の民族の文化遺産ともいえる昔話は、「子どもたちに生きる力を与え」「子どもたちが物語を楽しむための入り口」と言われています。そして、本来は口伝である昔話は語りがいちばんという思い、強いですよね。でも、だれもがお話を語れるわけではありません。語り、絵本、読み語り、子どもたちへの昔話のいろんな伝え方、探ってみませんか。

②「教科書に紹介されている本」
  講師  森本 和子氏(ぎんのすず研究会会員 元公立小学校教員)


 平成20年(2008)の指導要領改訂により、平成23年(2011)から国語科の教科書が大きく変わった。1・2年生には神話が、3年生以上には古典の作品が登場した。一方、「朝読」が全国的に広がり、読書指導用の本が多く紹介されるようになった。それらの本を1~4年生まで、5社の教科書に紹介されている本の中から、多く掲載されている本、長く読まれている本、比較的新しい本などを検討しながら考えていきたい。

③「後藤竜二作品を読む」
  講師 藤田惠美(子読教運営委員)
 
 1年1組シリーズでおなじみの後藤竜二著『14歳-Fight』(岩崎書店)を数年前に読み、校内暴力の現状や個性豊かな登場人物のリアルな描写に、荒れる学校の実態とはこのようなものかと大きな衝撃を受けました。いじめ問題が多発する昨今、著者自身が「自分なりの到達点」と述べる本作品をとりあげ、後藤竜二の児童文学のあり方を学びあいたいと思います。

★ 講演 (14:00~16:00)
   「さまざまな場所で生きる子どもたち」

  講師  さくま ゆみこ氏(児童文学作家) 

 東京生まれ。出版社勤務を経て、翻訳家・編集となる。JBBY会長、「アフリカ子どもの本プロジェクト」代表。青山学院女子短期大学教授。

 著書に『エンザロ村のかまど』(福音館書店)、『どうしてアフリカ? どうして図書館?』(あかね書房)など。アフリカ系アメリカ人を主人公にした絵本の翻訳に『ローザ』『わたしには夢がある』『つぼつくりのデイブ』『かあさんをまつふゆ』『むこうがわのあのこ』『川のうた』『リンカーンとダグラス』(以上光村教育図書)、『ひとりひとりのやさしさ』(BL出版)、『きみたちにおくるうた』(明石書店)、『イライジャの天使』(晶文社)、『ふれ、ふれ、あめ!』『ぼくのものがたり あなたのものがたり』(以上岩崎書店)、『じゆうをめざして』(ほるぷ出版)などがある。

 翻訳で産経児童出版文化賞、日本絵本賞、ゲスナー賞などを受賞している。訳書に『ゆき』『シャーロットのおくりもの』(ともにあすなろ書房)、『くらやみのなかのゆめ』(小学館)、『ひとりひとりのやさしさ』『やくそく』(ともにBL出版)など多数

■会場  「石長松菊園」 京都市中京区河原町通竹屋町東入ル ?075-222-1101
     http://www.shogikuenn.co.jp/

   交通の案内
   ● 京都駅より
     市バスで約20分(河原町丸太町下車徒歩3分)
     地下鉄で約10分(京都市役所前駅2番出口より徒歩5分)
   ● 最寄り駅より地図が必要な方はご連絡ください
     京阪電車神宮丸太町駅より徒歩5分(1番出口)

★ 参加申し込み方法(今年より変更がありますのでご確認ください)

① 参加は予約制で、先着100名までとさせていただきます。
申し込み締め切りました。電話予約の方で、振込みがまだの方は至急お願いします。(7月10日掲載)
必ず電話で申し込みください。申し込みの確定の連絡後、諸費用を払い込んでいただきます。払い込みを確認した時点で予約完了とします。諸費用の振り込みは7月20日(土)迄にお願いします。定数の空きについてはHPでも確認できます。電話申し込みなく払い込まれた場合、料金差し引きで返金させていただくことがあります。

② 諸費用の送金は、郵便局の青色の振替用紙でお願いします。必ず大人一人につき1枚の払込用紙をお使いください。金額は下記「第33回夏季研究会参加料金表」に準じて計算してください。また、必ず振替用紙にA~Gの内容を楷書で明瞭に記載してください。

 ・郵便振替 00920-0-271351 宛名 一塚るり子

 ・A 参加する日(両日・一日目のみ・二日目のみ)  B宿泊の有無  C昼食の有無  D参加分科会希望    E氏名(ふりがな)  F郵便番号・住所  G電話番号 

③ 宿泊につきましては、相部屋ですのであらかじめご了承ください。

★ お願い&ご注意
① 事務局で振込と申し込み内容を確認後、資料引換券を郵送します。振込後2週間を過ぎても届かないときは、お手数ですが下記連絡先(一塚)までご連絡ください。 
② 資料引換券は当日忘れずご持参の上、会場受付でお渡しください。
③ 参加費の領収書の必要な方は受付時にお申し出ください。当日、会場で発行します。
④ 申し込み後のキャンセルにつきましては、参加費の返金はできませんが、資料を送付いたします。
⑤ 夏季研究会の資料のみのご請求にはお応えしかねます。

会員のみなさまへ 年会費の振り込みは不要です

子どもの読書と教育を考える会 第33回夏季研究会参加料金表

参加費   会員   非会員  学生
両日参加  4000円  4500円  2000円
一日目のみ 2000円  2500円  1000円
二日目のみ 3000円  3500円  1000円

宿泊費(1泊2食) 9500円
8月4日(日)昼食  900円
※ お子さま同伴の参加可能。但し保育室等はありません。

● 問い合わせ・連絡先   一塚るり子 TEL 072-252-9757
kodokukyo1987@ares.eonet.ne.jp  (担当 岸)

2019年3月2日土曜日

子どもの読書と教育を考える会  5月例会

画像をクリックすると大きくなります。さらにクリックすると等倍に。
子どもの読書と教育を考える会  5月例会


新刊書研究会 2018年子どもの本

    講師 土居 安子さん
    (大阪国際児童文学振興財団総括専門員)

○日時 2019年5月18日(土)
      12:00~  本の閲覧
      13:00~16:00  講演

○会場  堺市立南図書館     堺市南区茶山台1丁7-1  (072)294-0123

○資料代   600円(会員・学生400円)

○申し込み・問い合わせ先

    TEL・FAX 072-252-9757(一塚)
    kodokukyo1987@ares.eonet.ne.jp(岸)

2019年2月26日火曜日

子どもの読書と教育を考える会 3月4月例会案内

画像をクリックすると大きくなります。さらにクリックすると等倍に。


昨年度の例会『2017年新刊書研究会』で紹介された本からテーマに沿って読み、学びを深め合いたいと考えています。

3月9日(土) PM2:00~4:00
『漫画君たちはどう生きるか』羽賀翔一作(マガジンハウス)を読む
    参考文献 『君たちはどう生きるか』 吉野源三郎著
    1937年 新潮社  1954年 未来社
    1958年 ポプラ社 1963年 講談社
                 少年少女日本文学全集
    1982年 岩波文庫
     『『君たちはどう生きるか』を読み解く』橋本進著 大月書店
○会場  新金岡市民センター2階
  堺市北区新金岡町4丁1-8
     TEL072-252-2712
○問い合わせ先 TEL・FAX 072-252-9757(一塚)
        kodokukyo1987@ares.eonet.ne.jp(岸)

4月13日(土) PM2:00~4:00
「子どもの生活が書かれた本」
   『15歳、ぬけがら』栗沢まり著(講談社) 
   『一〇五』佐藤まどか著(あすなろ書房) 
   『僕は上手にしゃべれない』椎野直弥著(ポプラ社)
   『SNS炎上』長江優子著(金の星社)などを運営委員がレポート予定です
○会場  新金岡市民センター2階
  堺市北区新金岡町4丁1-8
     TEL072-252-2712
○問い合わせ先 TEL・FAX 072-252-9757(一塚)
        kodokukyo1987@ares.eonet.ne.jp(岸)

2018年9月19日水曜日

子どもの読書と教育を考える会 例会案内(2018.10~2019.4)

子どもの読書と教育を考える会 例会案内(2018.10~2019.4)

後藤竜二研究会

 今年度は運営委員・藤田が大学院で研究してきた後藤竜二さんについて学びを深め合いたいと考えています。すべての例会は無理でも一度参加してみませんか。

日程 2018年 10月13日(土) 後藤竜二作家研究
       11月10日(土) 作品研究『台風の眼の中』
 早稲田大学生の時期に書かれた作品ですが、出版はされていません。
       12月8日(土)作品研究『天使で大地はいっぱいだ』

   2019年 1月12日(土) 作品研究『風のまつり』
       2月9日(土) 作品研究『14歳 Fight』
       3月9日(土)4月13日(土)
        「2017年新刊書を読む」を予定しています

 開催時刻はすべて 14:00~16:00 です
        

画像をクリックすると大きくなります。さらにクリックするともっと大きくなります

○会場  新金岡市民センター2階
        堺市北区新金岡町4丁1-8
          TEL072-252-2712
    地下鉄新金岡駅下車出口④を出て歩道橋を渡って直進
    徒歩3~5分。専用駐車場はありません。

○問い合わせ先
     TEL・FAX 072-252-9757(一塚)
     kodokukyo1987@ares.eonet.ne.jp(岸)

2018年6月11日月曜日

子どもの読書と教育を考える第32回夏季研究会


子どもの読書と教育を考える第32回夏季研究会

開催日時
2018年8月4日(土)13時~5日(日)16時半

主催 子どもの読書と教育を考える会(略称:子読教)

会場  石長松菊園 京都市中京区河原町通竹屋町東入ル ☎075-222-1101

後援 京都市教育委員会・岸和田市教育委員会
(定員オーバーのため、受付は終了しました。7/27追記)

 子どもたちに、読書の楽しさを知ってもらいたいと願っているみなさん。本会は1987年創立。保育士や教員、図書館員や文庫関係者、ボランティア、作家や研究者、学生などが集い、楽しく研究と交流を深めています。子どもの本のことを知りたいと思っている先生や保育士、自分の子どもにどんな本を読んであげたらいいのかな?と迷っているお母さん。本のことを知らないという人も大歓迎です。この夏、「子どもの読書と教育を考える会」夏季研究会に集い、ともに楽しく学びませんか。




子どもの読書と教育を考える第32回夏季研究会

開催日時
2018年8月4日(土)13時~5日(日)16時半

主催 子どもの読書と教育を考える会(略称:子読教)

会場  石長松菊園 京都市中京区河原町通竹屋町東入ル ☎075-222-1101

後援 京都市教育委員会・岸和田市教育委員会



一日目 8月4日(土)

 受付 (13:00~ )
 開会の辞 (13:30~ )  子どもの読書と教育を考える会  代表 正置 友子

★ 講演(14:00~16:00)

 「子どもと家族」 講師 岩瀬 成子氏(児童文学作家)

 1950年山口県生まれ。今江祥智(よしとも)に師事する。1978年基地の町山口県岩国市を舞台に,思春期の少女の内面をえがいた『朝はだんだん見えてくる』で日本児童文学者協会新人賞を受賞。1992年『「うそじゃないよ」と谷川くんはいった』で小学館文学賞。『そのぬくもりはきえない』で2008年に日本児童文学者協会賞、『あたらしい子がきて』で2014年に野間児童文芸賞と2017年にJBBY賞を受賞。『きみは知らないほうがいい』で2015年に産経児童出版文化賞大賞を受賞。

 周囲の人々との関係に揺れて自分を探る子どもの姿を描くのを得意とされている岩瀬さんのお話をお聞きします。

◆ お話の夕べ (18:30~) ストーリーテリングなどの実演コーナーです。多くの方の飛び入り実演参加をお待ちしています。おとなも子どももいっしょに楽しみましょう。

◆ 夜の交流会 (19:30~) 初めての人もいっぺんに仲良くなれるお楽しみタイム。子どもの本や読書活動、子育てや学校教育のこと等々、いっぱい語り合いましょう。

二日目 8月5日(日)

★ 分科会 (10:00~12:30)

①「おはなしを学校へ
 ~今こそ、子ども達に昔話を届けたい~」
講師  吉田 多恵子氏
             (おはなしサークル シフカ・ブールカ)

 おはなしを語り始めて30年が経った吉田さん。地元で立ち上げたおはなしサークルの活動も27年目。小学校のみならず、中学生や、医療センター内の院内分教室、いきいき教室などで、子ども達に語っておられます。人と人との心の交流、共感力が求められる今こそ、昔話をたくさんの子ども達に届けたいと思っておられます。実際に子ども達に語っておられる「おはなし」も聞いていただきながら、皆さんと一緒に昔話の底力を考えてみませんか。

②「本で遊ぼう!アニマシオン ~本って楽しいと伝えたい~」
講師  脇谷 邦子氏(元大阪府立図書館司書)

 忙しくてストレスの多い現代社会の中で、子どもたちは本を読むゆとりを無くしています。今や子どもと本をつなぐためには仕掛けのいる時代になっています。アニマシオンとは何か、理論も押さえた上で、アニマシオンを体験してみませんか。

③「『ごんぎつね』を読む」
    講師 子読教運営委員

 昭和31年度使用の教科書から採用され、昭和55年度使用の教科書からすべての小学4年生の国語教科書に採用されている『ごんぎつね』。その『ごんぎつね』の生まれた背景やメッセージ、国語教材としての扱いなど例会や運営委員会での学びをもとに、参加者の皆さまと深めていければと考えています。

★ 講演 (13:45~16:30)

「ビアトリクス・ポターと『ピーター・ラビット』のおはなし
  ~世界で一番愛され一番長生きした絵本を創った女性の物語~」
    講師 正置 友子

 1973年に千里ニュータウンに青山台文庫創設。1994年イギリスに留学。2000年イギリスのローハンプトン大学よりヴィクトリア時代の絵本研究論文により博士号(PhD)授与。2009年絵本学研究所設立主宰。2017年、日本で初めてのウォルター・クレイン展に関わる。 近著:『保育のなかの絵本』(かもがわ出版 2015年)、『イギリス絵本留学滞在記―現代絵本の源流ウォルター・クレインに魅せられて―』(風間書房 2017年)。訳書:ジェーン・ドゥーナン『絵本の絵を読む』(玉川大学出版部 2013年)。

 イギリスの湖水地方を舞台にした「ピーター・ラビット」の話は、ビクトリアス・ポターが1893年9月4日に友人の息子に宛てた絵手紙が原型とされる。1902年には初の本「The Tale of Peter Rabbit」が出版された。日本の福音館書店版シリーズは1300万部以上が発行されている。今年は実写版の映画が公開された。

会場  「石長松菊園」 http://www.shogikuenn.co.jp/

交通の案内
 ● 京都駅より
    市バスで約20分(河原町丸太町下車徒歩3分)
    地下鉄で約10分(京都市役所前駅2番出口より徒歩5分)
  最寄り駅より
    京阪電車神宮丸太町駅より徒歩5分(1番出口)

★ 参加申し込み方法

① 参加は予約制です。予約受付は、諸費用の払い込みを事務局で確認した時点で完了したものとみなします。7月23日(月)諸費用を払い込んで予約ください必ず大人人につき1枚の払込用紙をお使いください(定員オーバーのため、受付は終了しました。7/27追記)

② 諸費用の送金は、郵便局の青色の振替用紙でお願いします。金額は下記「第32回夏季研究会参加料金表」に準じて計算してください。また、必ず振替用紙にA~Hの内容を楷書で明瞭に記載してください。

 ・郵便振替 00920-0-271351 宛名 一塚るり子

 ・A 参加する日(両日・一日目のみ・二日目のみ)  B宿泊の有無  C昼食の有無  D参加分科会希望  E年会費  F氏名  G郵便番号・住所  H電話番号

③宿泊につきましては、相部屋ですのであらかじめご了承ください。

★ お願い&ご注意

① 事務局で振込と申し込み内容を確認後、資料引換券を郵送します。振込後2週間を過ぎても届かないときは、お手数ですが下記連絡先(一塚)までご連絡ください。

② 資料引換券は当日忘れずご持参の上、会場受付でお渡しください。

③ 参加費の領収書の必要な方は受付時にお申し出ください。当日、会場で発行します。

④ 申し込み後のキャンセルにつきましては、参加費の返金はできませんが、資料を送付いたします。

⑤ 夏季研究会の資料のみのご請求にはお応えしかねます。

会員のみなさまへ 会費納入のお願い
 現会員で夏季研究会をご欠席の方は、会報に同封の払込用紙で年会費をご送金ください
 年会費 2000円

子どもの読書と教育を考える会 第32回夏季研究会参加料金表


参加費    会員    非会員   学生
両日参加  4000円 4500円 2000円
一日目のみ 2000円 2500円 1000円
二日目のみ 3000円 3500円 1000円

宿泊費(1泊2食) 9300円
8月5日(日)昼食  900円

※ お子さま同伴の参加可能。但し保育室等はありません。

 問い合わせ・連絡先

   一塚るり子 TEL(留守電可)・FAX  072-252-9757
    kodokukyo1987@ares.eonet.ne.jp (担当 岸)

2018年5月2日水曜日

子どもの読書と教育を考える会 5月例会

新刊書研究会 2017年子どもの本

講師 土居 安子さん
(大阪国際児童文学振興財団総括専門員)

○ 日時 2018年5月26日(土)
   12:00~ 本の閲覧
   13:00~16:00 講演

○会場 堺市立南図書館

画像をクリックすると大きく表示されます。もう一度クリックすると原寸大に

 昨年出版された児童書を通して子どもの本の世界の一端に触れてみませんか。

 今年度の新刊書研究会も講師は例年通り、大阪国際児童文学振興財団総括専門員の土居安子さんにお願いしました。今回も、いろいろな観点から選ばれた昨年の新刊書のお話をじっくりとお聞きしましょう。

 12時から50分間程度、実際に本を見ていただけます。講演後は借りて帰ることもできます。(ただし借りることができるのは堺市立図書館の利用カードをお持ちの方に限ります。)

 新しい子どもの本について学ぶことのできる充実した時間になることと思います。


○会場 堺市立南図書館

           堺市南区茶山台1丁7-1 電話(072)294-0123

○資料代 600円(会員・学生400円)

○申し込み・問い合わせ先 TEL・FAX 072-252-9757(一塚)
 メール  kodokukyo1987@ares.eonet.ne.jp(岸)

2018年2月13日火曜日

子どもの読書と教育を考える会 例会3月10日,4月14日,6月9日

教科書から考える

日時 2018年3月10日(土)15時~17時

 すべての子どもが手にする教科書には、さまざまな作品が掲載・紹介されています。それらからは学校図書館の選書・子どもの読書活動への影響が見られます。実際に教科書などを読み、指導要領の改訂も視野に入れながら子どもの読書を考えています。

 11~2月の例会では「昔話」について考えてきました。

 3月は文学教材の扱いの問題を『ごんぎつね』をもとに考えていきたいと考えています。

画像をクリックすると大きくなります。さらにクリックすると等倍に。


4月14日(土)の例会内容につきましては3月例会で検討する予定です。
  4月例会から開始時間が14時に変更になります。

岩瀬成子さん作品研究

日時 2018年6月9日(土)14時~16時半

 今年の夏季研究会の講演講師が岩瀬成子さんに決まりました。その作品研究会を行います。
          
会場はいずれも  新金岡市民センター2階

  堺市北区新金岡町4丁1-8
   TEL072-252-2712

地下鉄新金岡駅下車出口④を出て歩道橋を渡って直進。徒歩3~5分。専用駐車場はありません。

○問い合わせ先  TEL・FAX 072-252-9757(一塚)

メール kodokukyo1987@ares.eonet.ne.jp(岸)